こんにちは!今回は小豆沢病院3階病棟の紹介をします。

3階病棟には4月から新たに新人看護師さんが1名入職しました。

まだ病棟に配属されて間もないですが、元気に新人看護師として働いています。

下左の写真は左から新人看護師・指導者看護師(アソシエイト)・中堅看護師(プリセプター)です。

下右の写真は昼休憩での一コマです。新人看護師も一緒にテーブル囲んで食事しています。

3階病棟は昨年から地域包括ケア病棟として新たなスタートを切りました。地域包括ケア病棟と聞いてもよく分からない人も多々いると思います。簡単に説明しますと、急性期治療等を終えた患者様が在宅へ戻る過程で、リハビリや介護サービスの見直しや申請といった在宅調整が必要な方が入院する病棟です。期限が60日間となっています。

板橋区は高齢者が多く住む所でもあり、80-90代の患者様の入院が多いです。

「自宅に帰りたい」という患者・家族の思いや、退院するにあたり少しでも患者様が不安なく帰る事が出来るようにこれからも多職種連携を重視して取り組んでいかないといけません。地域に密着した病院を更に築いていけるよう頑張っていきます。私達もまだまだ試行錯誤しながらではありますが、この文章を読んで少しでも地域包括ケア病棟に興味のある方は1度見学に来てみてください。心よりお待ちしています。

3かい1       3かい2