「認知症」を知る集い

2017年12月05日火曜日 16:00

小豆沢病院城北友の会では、地域での健康増進活動を長年活動しています。
11月22日(水)に、小豆沢支部の前野班、前野すみれ班が、《「認知症」を知る集い》を
前野ホールで開催しました。地域のひとたち60人が認知症について聞きに来ました。


開催にあたって小豆沢支部事務局長から挨拶がありました。
江戸時代は人生50年と言われていましたが、現在は80年、これからは90年と伸びていく時代です。85歳以上4人に1人は認知症になるかもしれません。認知症になったら?家族に認知症がでてきたら、どう対応したらいいのか。みなさんで一緒に聞いていきましょう。

はじめに、認知症の理解を深めるDVDを視聴しました。
その中ではこんな症状が頻繁にみられると言われていました。

認知症に垣間見られる症状
ア)ゴミの分別が分からなくなる。ごみの収集場所に、間違った曜日のごみ出しをしてしまう。
→「間違っていますよ」と指摘、怒ってしまうと、余計にその人の頭の中で混乱が生まれてしまう。
Better Answer:一緒に出しに行きましょうと声をかける

イ)買い物で手間取る。小銭が数えることができず、財布の小銭入れをかき回してそのまま閉じてしまう。
Better Answer:一緒に小銭を数える

ウ)道を間違えている。自分自身の現在の居場所が分からなくなっている。
→面倒事を避けたく声をかけないでいると、その人の捜索願いや行方不明となってしまうことがある。
Better Answer:様子を見守り、不安に感じたら前からゆっくり声をかける。

続いて、地域包括ケアセンター(前野お年寄りセンター)の方からお話を聴きました。

地域包括ケアセンター(お年寄りセンター)は、板橋には18カ所開設、月~土、9時~17時まで開いています。
職員は、保健師1名、社会福祉士2名、ケアマネ2名(内主任ケアマネ1名)です。
“住み慣れた地域で安心してその人らしい生活を続けていくために” をスローガンに活動しています。
①総合相談・支援
②権利擁護(金銭的管理の後見人制度紹介や特殊詐欺への相談・対応など)
③包括的・継続的ケアマネジメント支援(介護のネットワーク)
④介護予防ケアマネジメント(脳活性教室)
認知症は、462万人いると言われていて、7人に1人が認知症です。
認知症と物忘れの違いはなんでしょう。
例えば、昨夜の晩御飯はなにを食べましたでしょうか。食べたけど、メニューが思い出せない。それは加齢による物忘れです。認知症は、食べたということが抜けてしまうことです。
認知症には、主に3分類されます。アルツハイマー(6割)・血管性(2割)・その他(レビー小体型など2割)となっています。
アルツハイマー型は、脳にごみがついてしまい、記憶障害、認識不足になります。血管性認知症は、脳梗塞や脳血管の病気から生じた症状で、主の病気がよくなれば認知症も治る可能性があります。
お年寄りセンターは、地域の介護ネットワークに繋ぐ入口になりますので、なにか介護などで不安なことがありましたらご相談ください。

小豆沢病院の介護福祉士からは、認知症への接し方をお話しして頂きました。
         
認知症で不安げに街を歩いている方は、急に声をかけられると体が固まってしまいます。
その時は、目線に合わせてゆっくりと話しかけましょう。
また複数人で声をかけるときは、認知症の方を囲まないようにしましょう。知らない人に集団で囲まれると恐怖心が募ります。声掛けをする人、連絡する人など担当をわけて接しましょう。
認知症に垣間見られる症状Ⅱ
ア)お風呂に入るのを嫌がる。
→ ×くさいから、冷めるから早く○暖まりますよ、温泉みたいですよ
イ)財布を忘れた、盗まれた。
→ ×知らない、拒絶         ○一緒に探しましょう
ウ)歩き回る、徘徊。
→ ×勝手に歩いたらだめですよ ○どちらに行くのですか?そろそろ休みませんか?
エ)まだご飯を食べてない。
→ ×食べましたよね ○これをしてから、ご飯にしましょう。食卓整理や散歩など興味を、食事からそらす。

ご家族や介護を支援する人からは、気を付けていても命令口調になりがちです。ただ本人からするといい気分ではありません。
認知症や介護は、現代の超高齢化社会では深刻な家族問題に発展する場合もあります。
まずは、【認知症】【介護】について理解を進めましょう。
そして、ひとりひとり介護を必要とするようになったきっかけは違います。なので、接する際には子ども扱いをせず、その人の個人としての尊厳を守りましょう。ただし、介護や認知症への対応に正解はありません。


参加された地域の人からは
○自分の将来の事を考える良いきっかけになった。
○難しい話もあったが、勉強になった。
○家族に優しく、他人にも優しくしていきたい。
と感想が挙げられました。

認知症は、発症されたご本人もショックなことであり不安を感じています。
その人の想いを否定せず、自尊心を守り個人として接することが大切になります。
認知症サポーターは、特別な資格を持った人ではありません。
まずは認知症を理解すること。
そして、ちょっとだけ、地域近所で、困っている人へ、お手伝いしてみませんか。

小豆沢病院医局事務
 

医療系学生と退院後患者さん訪問

2017年10月30日月曜日 9:29

こんにちは!
9月に毎年恒例になった『医療系合同企画』の学習会を行いました。
 
今回は、退院後の患者さん訪問を行いました。
看護学生7名、医学生1名が参加しました。
まず、ケアマネージャーより介護保険制度の仕組みやサービス計画立案例などを聞き、学習しました。
  


その後、訪問する患者さんの情報を共有し、どんなことが気になり何を聞きたいかをグループごとに話し合いました。
 
そして、4グループに分かれて、いざ訪問へ!
患者さんやご家族は、訪問した学生さんやスタッフを笑顔で迎え入れてくださいました!話を聴いていくと、緊張もほぐれ、患者さんの生き生きとした表情が印象的でした♫♪

聞き取ってきた情報を模造紙にまとめ、発表し合いました。
  


それぞれの班で、医療的な視点だけでなく、家屋環境や家族関係、社会背景なども聞き取りし、老老介護、独居の方の生活状況を知りました。
介護保険サービスや、家族・近所の方の協力を借りながら、不便さや孤独などを感じながらも、住み慣れた自宅でその人らしく、いきいきと生活されている姿がありました。

最後は、現場スタッフより退院調整時の困難事例や退院後訪問のエピソードを聞き、「自宅に帰りたいと願う患者さんの想いに応えるため、自宅退院が可能か判断するための家屋調査を行うこともある。退院後訪問を行うことで自分たちの取り組みの評価ができ、今後につなげられる。」という話を聞きました。
  


修了後には交流会を行い、卒1看護師も合流してくれて、座談会。
国試を控えた卒年の学生から、勉強方法を聞かれたり、職場での様子を話しながら、盛り上がりました。

救急処置講座:心臓マッサージとAEDをしてみよう

2017年8月25日金曜日 9:23

小豆沢病院では医療の質向上委員会の企画で、7月に職員向けに救急講座を行いました。
今回のテーマは「AEDを使ってみよう!」でした。
町中やお店で見かけることが多くなったAED。でも実際に、緊急事態に遭遇した時にどう使うのだろうか?職員でもなかなか使う機会がありません。内科医の渡辺先生から、どういう状態の時に、どうやって使うのかなどの話を聞きました。

 AEDとは、心室細動(心臓がブルブル細かく震え血液を流すポンプ機能を失った状態)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。2004年から医療従事者だけでなく、一般の方も使えるようになりました。
 
まず初めに看護師がお手本を見せてくれます。人形に向かって心臓マッサージの一連の流れの中で、AED使用のお手本を見せてくれました。その後、職員1人ひとりが交代で、心臓マッサージとAEDを実践していきました。
 
AEDを準備するまでの間、AEDの間、AEDのない時は心臓マッサージを行います。
AEDは音声に従って、使うだけなので冷静になればだれでも扱えるものだと知りました。また、電流を流すかどうかはパッチを貼って、機械が判断してくれるので、安心です。
今回の講座を通して、心室細動の患者さんを助けるのは時間との勝負。1分経過ごとに助かる確率が10%づつ下がっていくそうです。
非常時には勇気を持って、心臓マッサージ、AEDをしてみよう、ということを学びました。

 

叶えたい夢がある!立ち止まれない夏が来る!医師体験にケースカンファレンス!そして夢は現実に!

2017年6月13日火曜日 9:07

医師の仕事ってなんだろう?
患者さんを診るってどんなこと?
そんな疑問を持った医師を目指す高校生・予備校生のみなさん!
医師体験や Case Conference に参加してみよう!

________________________________________

医師体験では、病院見学や医師から実技指導を受けることができます。診察の基本になる聴診や血圧測定などを体験できます。
例年50人以上の高校生が夏の医師体験に参加し、医師を目指すモチベーションアップに繋げています。

 

 

2017年夏小豆沢病院 高校生1日医師体験
日程:7/19、7/26、7/28、8/2、8/4、8/9、8/16、8/18、8/23、8/25、8/29、8/30

内容:医療の話、病院見学、実技体験(聴診・血圧測定など)
費用:無料 (昼食は各自でご用意下さい)
申込:メールまたはホームページからお申し込みください。

2017年夏小豆沢病院1日医師体験のご案内はこちら(クリック)


________________________________________

Case Conference では
ひとりの患者さんの症例をもとに、そのひとの病気の理由やどうケアをしていくのかみんなで考えていきます♫♪
「医療のことはよく分からない・・・」「間違ってるかも・・・」「他の人と考えが違っていたらどうしよう・・・」
でも、大丈夫!みんなの意見が出れば出るほど、その患者さんのケアが多岐にわたり、そのひとの力になっていきます!

 

7/17(月・祝) 小豆沢病院特別講座 Case Conference のご案内はこちら(クリック)
内容:SDH[Social Determinants of Health]から見る病気の理由(予定)
対象:医師を目指す高校2年生以上~予備校生
申込:こちらから申込下さい(クリック)
締切:7/7(金) ※先着15名


まずは医師体験やCase Conferenceを通して、医学だけでない、医療の世界に触れてみましょう!

志村さつき苑のルポ記事の感想が「ハッピーニュース家族賞」に選ばれました!

2017年6月01日木曜日 8:57

こんにちは!今日は法人内の老健の話題です 
 2016年3月に 老人保健施設 志村さつき苑を取材し、介護現場の状況を記事にした共同通信社から先日、法人本部あてに次のようなお知らせが届きました。
  
「昨春、志村さつき苑のUさんに取材をさせていただき、ありがとうございました。
実はあのとき執筆したルポ記事が沖縄タイムズという沖縄の地元紙に掲載され、それを読んだ沖縄の姉妹が寄せた感想が、日本新聞協会の「ハッピーニュース家族賞」に選ばれました。
ハッピーニュースとは、日本新聞協会のキャンペーンで、新聞を読んでハッピーな気持ちや、新たな気付きを与えてくれた記事とコメントを募集しているものです。(Uさんご自身が受賞の対象となるわけではなく、あくまで読者が選ばれる、ということでややこしくて申し訳ございません。)
Uさんの介護士としてのお仕事ぶりについて、高校生と中学生の姉妹が寄せた感想を読んでいただければと思います。
本当にありがとうございました。」

志村さつき苑の夜勤に密着し、介護現場の厳しい状況と、同時に働く職員の誇りややりがいについて書かれた記事です。 

     

 感想文を一部抜粋させていただきます。
 
 介護職 過酷16時間夜勤 
 
17歳 姉
『「もし、これ読んでたらひいばあちゃんもっと楽に生きていたかなぁ」と、妹から新聞記事を渡された。
(中略) 最後の「呼出音の数だけ『ありがとう』」には、目からうろこが落ちた。過酷な勤務をそう変換したことへの驚きと尊敬、そして感謝の念が押し寄せてきた。同時に体の痛みと介護福祉士への罪悪感に苦しみながら逝った曽祖母の死をどこか受け入れられずにいた私の心を溶かしていくような、温かいHAPPYが私を包んだ。介護現場の実務的な厳しい業務だけでなく、目には見えない心のやりとりにスポットを当てて伝えてくれた。・・・』
  
13歳 妹
『・・・(中略)「呼び出し音70回超」の文字で、介護施設で亡くなった曽祖母が浮かんで目と手が止まってしまいました。
体中の痛みが苦しくて、自力では身動きがほとんど取れなくなった曽祖母は、呼び出しコールのひもを「命綱」だと言っていつも手に巻きつけていました。
他の人よりも意識がはっきりしている分、介護スタッフの方を呼んでしまう回数が多いことに本人も罪悪感を感じていたし、母や祖母も見舞いのたびに謝っていたのを見ていたので、私はきっとスタッフにとって呼び出しの音の回数は、ため息の回数だろうと思っていました。でもこの記事には「呼び出し回数=ありがとうの回数」だと書いてありました。「介護現場の大変さの回数=届いた感謝の数」に変換してくれて、職員のやりがいとして伝えてくれました。とてもうれしかった。曽祖母にも届くなら、読んで聞かせたくなりました。・・・(中略)出合ってしまったと思ったはずの苦しい記事は、出合えてよかったと心からの温かいHAPPYな気持ちにさせてくれた記事でした。』

取材を受けたさつき苑のUさんが受賞したわけではありませんが、Uさんの働く現場の記事を読んだことでこの姉妹がハッピーな気持ちになれたというのはとてもうれしいことですね 

新聞記事の全文・感想文の全文は以下の日本新聞協会のホームページに掲載されています。
 → ハッピーニュース2016 受賞作品
どうぞご覧になってください